水樹奈々の鉱山列車に乗って銅山炭鉱を楽しんできました!

0

    水樹奈々の鉱山列車に乗って銅山炭鉱を体験してきましたよ!

    今回私は新居浜市にあるマイントピア別子に遊びに行ってきました。

    マイントピア別子は住友財閥の礎を築いた別子銅山の一部を観光地としてリニューアルした施設です。

     

    場所は新居浜市の中心部から南へ(別子ライン)を使って約30分程行った場所にあります。

     

    別子ラインを走っているとすぐに道の駅(マイントピア別子)の看板が見えてきます。

    看板が見えてくればすぐに右に曲がって端出場大橋を渡れば、

     

    すぐにマイントピア別子の駐車場に到着します。

    駐車場も第1〜第3までありとっても広かったです。

     

    マイントピア別子の前には川が流れていて、

    小鳥のさえずりと川の音と森林浴をあなたは堪能する事が出来ると思います。

     

    そしてマイントピア別子の川を挟んだ向かい側にはこちらのレンガ造りの建物がありました。

    (こちらは明治45年に建設された旧水力発電所の建物で別子銅山へ電気を送る為に活躍した愛媛を代表とする西洋建築物です。)

     

    そしてこちらがマイントピア別子本館です。

     

    こちらがマイントピア本館の入り口です。

    マイントピア本館は1F〜4Fまで以下の施設が入っています。

    ------------------------------------

    1F:売店:喫茶店

    2F:鉱山鉄道乗り場、レストラン

    3F:宴会場

    4F:別子温泉、キッズパーク

    ------------------------------------

     

     

    入り口から入ってすぐ右側にあるチケット売り場で、銅山炭鉱に行く為のチケットを購入します。

     

    チケットは大人1200円。中高生800円。3歳以上600円です。

     

    チケットを購入をしてエスカレーターで2Fにあがります。

    エスカレーター横には新居浜や西条のお祭りに欠かす事が出来ない絢爛豪華なちょうさが展示されていました。

     

    2Fのフロアーには別子銅山で採取された金鉱石や、

     

    ミゼットの可愛らしい消防車が展示されていました。

     

    こちらが鉱山鉄道の入り口です。

     

    こちらが鉱山鉄道の列車です。(可愛らしいミニ機関車です。)

     

     

    鉱山列車に乗ってみると沢山の風鈴が吊るされていました。

    その風鈴の1つに可愛らしい女性の写真がのった短冊があり、

     

    私は「誰ぇ??」と思い短冊を手に取ってみると新居浜市出身の「水樹奈々」さんでした。

    (ちなみに伊予かんソフトは新居浜の名産品と言うよりも愛媛県全体の名産品と言う位置づけです。)

    なんといっても愛媛はみかん王国ですから。

     

    そして15分に1本の割合で鉱山列車が運行されています。

    (マイントピア別子から観光坑道のある場所まで約5分で結んでいます。)

    途中風鈴の‘ちりんちりん♪’の音を聞きながらトンネルや、

     

    渓谷を渡ると、

     

    すぐに観光坑道の入口の駅「うちよけ駅」に到着をしました。

     

    うちよけ駅の中にもお土産売り場が併設されていました。

     

    こちらが観光坑道の案内図です。

    観光坑道の長さは333mです。旧火薬庫を利用して作られており、

    江戸時代から昭和40年代まで続いた別子銅山の採掘の様子を人形や模型を通して見学できる施設になっています。

     

    可愛い銅太君がお出迎え。

     

    駅から観光坑道入り口に向って進みます。

     

    観光坑道へは坑口橋を渡って入って行きます。

     

    こちらが観光坑道「端出場坑道」です。

     

    坑道の中に入ると洞窟が奥に向って広がっています。

     

    坑道内の気温はなんと16.4度!非常にひんやりとしていて涼しかったです。

    外のこの日の気温が31度でしたので坑道内はその約半分の気温でした。

    (歩いている途中で坑道の天井から滴り落ちる滴が私の首や腕に当たり非常に冷たかったです。)

     

    まず坑道の最初は「江戸ゾーン」です。

     

    江戸時代の別子銅山の採掘の様子を人形を使って再現されたコーナーを見学する事が出来ます。

     

    そしてその次は「近代ゾーン」です。

     

    こちらのスイッチを押すと、

     

    坑道内に作られた別子銅山の巨大ジオラマの人形や鉄道模型が動き始めました。

     

    さらに近代ゾーンには当時の鉱山内で使われていた、

     

    発破器や携帯電話が展示されていました。

     

    そして最後は「体験ゾーン」です。

     

    体験ゾーンにはなぜか?

    プラネタリウムが見れる施設がありました。

     

    こちらの足漕ぎの機関車に乗って動かしながら、

     

    ドーム内でプラネタリウムをぐるぐるとみられるようになっていました。

    (別に足漕ぎ機関車に乗らなくてもドーム内に入ればプラネタリウムを見る事ができますが。。)

     

    さらに削岩機の体験コーナーや、

     

    当時の人たちが切り出した銅石を背中に担いでいた同じ重さのリュックを実際に私たちも背負って体験できるコーナーがありました。

     

    こちらが観光坑道の出口です。

    (約30分にわたる銅山観光を楽しむ事ができました。)

     

    そしてまた私は鉱山列車にのって、マイントピア本館の駅まで帰ってきました。

     

    本当に坑道内は涼しくて夏にはぴったりの観光施設だと思いました。

    (私は坑道内の展示物よりも涼しさ優先で楽しむ事が出来ました。)

    正直あまり坑道内は楽しくなかったです。

     

    その他にも先ほども紹介したようにマイントピア別子の建物内には、

    レストラン、キッズパーク、温泉の他にも砂金堀りやバーベキューを楽しむ施設があります。

    (別子温泉はなんと大人は500円で入る事が出来ますー!今回私は入る事が出来ませんでしたが。。)

     

    よってマイントピア別子はお子様からお年寄りまで家族全員が楽しむ事が出来る施設になっています。

    この夏はあなたも是非家族を連れてマイントピア別子に行かれてみてはいかがでしょうか?

     

    [マイントピア別子]

     

    住所:愛媛県新居浜市立川町707-3

    電話:0897-43-1801

    営業時間:施設によって違います。

    料金:施設によって違います。

    駐車場:無料

    >>公式サイトはこちら

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    楽天おすすめ商品

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM